文京区にある有料老人ホームを徹底比較!おすすめランキング決定版

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

訪問介護とそのメリットとデメリットをご紹介

いざ介護が必要となった場合、どのような形で介護を受けられるかを知っておくことは、より理想に近い生活を送るためにはとても大切なことです。介護サービスにも様々なものがありますが、ここでは訪問介護についてそのメリットやデメリット、特徴などを紹介していきます。制度やシステムをうまく利用して自分の理想の形の介護生活を送りましょう。

訪問介護とは?

訪問介護とは、介護福祉士やヘルパーが介護を必要とする人の自宅を訪問し、自宅で介護サービスを提供するものです。在宅介護で生活する人が受けるサービスで、訪問介護の時間以外は基本的には家族が介護を行います。受けられるサービスは身体介護サービスと日常生活のサポートです。身体介護サービスは入浴や清拭、トイレの介助やおむつ交換といった要介護者の体に直接触れるもので、介護の中でも比較的体力を必要とします。

そのため介護している家族が高齢など、毎日24時間体制での介護に限界がある場合には、要介護者とその家族にとって欠かせないサービスです。日常生活のサポートは、要介護者の食事の用意や介助、見守りをはじめ、洗濯や買い物、外出時の付き添いなどを行います。いずれも要介護者を対象にしたサービスで、同居する家族や介護者の食事の用意や日常生活の援助はできません。

訪問介護のメリット

訪問介護の最大のメリットは、住み慣れた地域、自宅で生活を続けられるという点です。訪問介護は、介護制度の中でも厚生労働省が力を入れている地域包括システムのひとつで、要介護者が長年生活してきた場所、少しでもストレスの少ない環境で介護を受けながら生活を送ることで、自宅にいても可能な限り自立した生活を送ることができるよう支援することが目標でもあります。

また要介護者が一人暮らしの場合や、同居する家族が仕事などで不在になる時間帯がある場合など、物理的なサポートが必要な場合には安心できるシステムです。特に一人で生活をしている人にとっては人との関わりを持つ機会を得られるため、精神面での支えにもなります。他にも老人ホームなどに入所する場合と比較して費用面で安価で済む点、家族の体力的、時間的な負担の軽減というメリットもあります。

訪問介護のデメリット

介護を必要とする人にとって訪問介護は多くのメリットのある制度ですが、中にはデメリットを感じている人もいます。介護を受ける人の中には、自宅に家族以外の他人が訪れるのを嫌う人もいます。住み慣れた自宅であるだけに、それぞれのこだわりやルールがある場合も多く、家族以外の人に調理や洗濯などをしてもらう上で、そのこだわりをあきらめることになりストレスを感じる可能性もあります。

また介護者の為に、多少室内をアレンジする必要のある場合もあります。訪問介護を受ける前に、家族と十分に話をして少しでも要介護者の負担を軽減できるよう精神的な環境を整えておくことも必要でしょう。また自宅がバリアフリー対応でない場合は、段差をなくしたり手すりを付けたりするなどのリフォームの必要もでてきます。

まとめ

訪問介護は、自分の好きな自宅で生活ができるメリットがあります。できれば自宅を離れたくないという要介護者の思い、できる限り自宅でストレスの少ない状況で過ごさせてあげたいという家族の思いを形にできるサービスです。目の前のことを処理するのに精いっぱいで、つい全体を俯瞰する余裕を失いがちな介護のある生活ですが、ぜひそれぞれの制度の特徴を踏まえて自分らしい生活を送ってみてください。