文京区にある有料老人ホームを徹底比較!おすすめランキング決定版

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

要介護のレベルについて解説

2000年に設けられた「介護保険法」により、40歳から保険料を納めることによって原則65歳から介護サービスを受けられるようになりました。誰でもいきなりサービスが受けられるわけではありません。「介護が必要です」という審査を受け、要支援1、2と要介護1から5まで、そのレベルによって7種類に分かれた「要介護度」を認定してもらって初めてサービスを受けることができます。その要介護度とは実際どのように分けられているのでしょうか。

要介護1~2

要介護1~2に認定されている状態は、排せつや食事がほぼ自分でできる状態、もしくは一部に介助が必要で、立ったままの姿勢でいることや、歩くことになんらかの支援を要し、理解力にも若干の低下と混乱が見られるものの、全体から判断すると軽度の部類に分類されます。したがって、有料老人ホームを選ぶ場合も選択肢は多いほうだと言えます。比較的自由度が高い住居型老人ホームや医療行為に特化しないグループホームなども選ぶことができます。比較的安価で入ることのできる軽費老人ホームやケアハウスなども適しています。ただ、必要な介護の度合いが上がった場合にその施設では適したケアができず退去を求められる場合もありますので病状と進行の可能性を良く把握したうえでの検討が必要です。要介護1の介護サービス利用限度額は1か月あたり166920円、要介護2で196160円となっています。

要介護3~4

要介護3~4になると、軽度の部類とは言えなくなります。介護を要する場面が1~2よりは多くなります。日常生活に関すること、排せつや食事までの行動のなかに、一人ですべてできることがなくなる状態です。理解力もかなり低下してきますし、それによる不安行動も多く見受けられるようになってきます。このような状況に適している有料老人ホームというと、ある程度の医療行為も行っており、3人の利用者に対し1人以上の看護、介護職のスタッフが勤務していることを義務付けられている介護付き有料老人ホームなどが好まれます。こちらももちろん、要介護度が上がった場合でも住み続けて行けるのかなど、事前に確認することは必須です。要介護3で269310円、4で308060円が介護料金の1か月の利用限度額となっています。

要介護5

要介護5になってくると、日常生活のほぼすべてに重度の介護を必要とする状態です。立ち上がることが困難な場合が多いのでいわゆる「寝たきり」の状態も含まれます。それに伴い、医療行為も必要となってきます。意志の伝達も難しい場合が多く、全体から見て、最大限に介護を要する状態と言えます。こうなってくると、そう簡単に回復は見込めず、ある程度腰を据えた入居になることが見込まれますので、介護、医療行為、さらに先を見据えた看取りまでケアしている特別養護老人ホームが適している老人ホームの筆頭となります。要介護度が高くなればなるほどかかってくる金額もどんどん高くなる傾向があるため、公共型施設である「特別養護老人ホーム」は比較的費用が安価であることも魅力の一つです。介護サービス料は360650円が1か月の上限金額となっています。

まとめ

介護保険法による区分で、いざ介護が必要になった場合のケアの受け方として要支援1から要介護5まで、実に7つの分類になっていました。そうとは言っても、あくまで分類でしかなく、介護を必要とされる方それぞれの病状、進行具合は細かく違い、それによって適した有料老人ホームも変わってきます。要介護度はあくまで目安という側面もあるのです。介護を必要とされる方とそのご家族が、体の状況と施設の状況をしっかり見極めたうえで、居心地の良い住処を見つけていただければと思います。