文京区にある有料老人ホームを徹底比較!おすすめランキング決定版

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

介護サービスの種類はどんなものがある?

居宅介護サービスは自宅で生活しながら介護サービスを受けることができ、住み慣れた自宅や地域を離れることなく介護を受けられます。近隣との付き合いなども続けられるため、精神面でも安定した生活を送ることができます。一方通所や入所しての介護サービスは一緒に暮らす家族の負担軽減のメリットもあります。

超高齢化社会に突入しつつある現状では様々な介護サービスの需要があり、それに応じて多様なサービスが提供されています。それぞれの特徴を知ることで自分の生活環境にあったサービス選びをすることができます。

居宅介護サービスの種類と特徴

居宅介護サービスは在宅で介護を受ける要介護者に対するサービスで、様々な種類がありますが、大きく分けてホームヘルパーなどが自宅に訪問して介護をする訪問サービスと、要介護者が施設へ出向くデイサービスと呼ばれる通所介護サービス、ショートステイといわれる短期入所サービスがあります。

訪問サービスには、ヘルパーが自宅を訪問して入浴やおむつ交換、食事の用意や洗濯などの他、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーションなどがあります。例えば点滴や人口肛門の管理などの医療処置だけでなく、理学療法士、作業療法士によるリハビリなども自宅で受けることができ、住み慣れた自宅での自立支援ができます。

日中にデイサービスセンターで食事やレクリエーションをして過ごしたり、介護老人保健施設などでリハビリを受けたりする通所サービスや要介護者を施設で数日預かる短期入所サービスは、要介護者の介護を行うだけでなく気分転換をしたり、普段介護をしている家族の時間的、体力的な負担の軽減にもなります。

施設介護サービスの種類と特徴

施設介護サービスには、特別養護老人ホームを省略して一般的に特養と呼ばれる介護老人福祉施設サービスと老健と呼ばれる介護老人保健施設サービスがあります。介護老人福祉施設は原則として要介護度3以上でなければ入所できません。在宅で介護を行うことが難しい寝たきりや認知症の高齢者など、常に介護を必要とする人が対象で、自立した生活支援を目標に介護職員や看護師が対応します。

サービスの内容は食事や排せつなどの日常生活の支援や機能訓練が中心です。介護老人福祉施設サービスは介護老人保健施設で日常の生活支援の他、リハビリテーションや看護も受けられます。基本的には在宅での生活復帰を目標としていて、3か月間の利用が原則となっています。いずれも入所者は24時間体制で見守られ介護や看護を受けられます。

その他の介護サービスの種類と特徴

一般的な居宅介護サービスや通所介護サービス以外にも、地域密着型のサービスがあります。これはそれぞれの地域の実情に合った形でサービスが提供され、その地域に住む人が利用できるものです。地域密着型にも様々な種類があります。代表的なものでは、ひとつの事業者がデイサービスと訪問介護、ショートステイを一体的に提供する小規模多機能型居宅介護や、これに加えて医療ケアを行うことのできる看護小規模多機能型居宅介護などがあります。

日々変化する介護サービスの利用者の状況・状態や、体調などによっても利用したいサービスに幅があると便利です。またそれぞれのサービス利用の都度、新たに契約をする必要がないため家族の負担も軽減されます。日中の介護だけでなく、遅い時間に定期巡回をする訪問介護や要介護者が介護や助けを必要とする時に、随時訪問するサービスなどもあり家族が自宅を留守にする時間帯も安心できます。

他にも認知症の高齢者が少人数で共同生活を送り、リハビリを受けながら介護を受けられるグループホームをはじめ、少人数で介護やデイサービスなどを受けられる施設が多いのも地域密着型サービスの特徴のひとつです。

まとめ

介護を必要とする人にとっては、長く住み慣れた自宅や地域で生活を続けるのか、もしくは自宅を離れて同じ症状の人たちと共同生活を送るのか、とても大きな問題です。中には家族や同居している人の都合や環境によって、自分の生活環境を希望通りにできない要介護者も多くいます。しかし様々な介護サービスを利用することで、可能な限り自分の理想とする生活や住環境に近づけることもできます。

要介護レベルや費用なども問題となりますが、どのようなサービスがあるのかを知っておくことで担当のケアマネージャーにも主体的に相談しやすくなります。