文京区にある有料老人ホームを徹底比較!おすすめランキング決定版

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

病院と提携している有料老人ホームのメリットとデメリット

有料老人ホームは病院と提携している場合があります。お年寄りは病気や加齢による衰えなどで通院する機会が多く、近い方が便利なのは確かです。しかし、病院と提携しているからといって安心してはいけません。しっかりと見学してメリットとデメリット、特徴を把握しておかなければ、どの様な対応を行なっているか心配です。ただ単に病院が施設内にあるだけですと、老人ホームとの連携が取れていない可能性もありますので、連携の度合いもチェックしておきましょう。

病院と提携している有料老人ホームの特徴

病院と提携している老人ホームの大きな特徴は、施設内や敷地内に病院があるという事です。また、薬局も施設と隣接しておりわざわざ足を運ぶ必要がありません。看護師が巡回に来る老人ホームですと、生活状況を病院側が把握できますので、迅速に対応する事ができます。緊急事態の際にはナースコールで呼ぶ事もでき、安心して生活できます。お年寄りは通院する回数が多い傾向がありますので、通院を忘れる事も多いと言われています。しかし、連携を取る事で、病院が把握していますから看護師が直接呼びに行くのです。通常の病院ですと待ち時間が長い事も珍しくありません。提携している老人ホームは薬を入院時と同じように処方してくれますので、飲み忘れや、大量に保管する必要がなくなる訳です。

病院が併設されている有料老人ホームのメリット・デメリット

病院が併設されている有料老人ホームのメリットは、主治医が常に側に居るという安心感でしょう。住まいに主治医が居るような感覚で生活ができますので、迅速な対応も期待されます。さらに入院時のベッドを優先してもらいやすい傾向にあり、遠方に移る可能性が低くなります。老人ホームとの連携が確立されている施設であれば、緊急時に迅速な対応が可能になる設備が整っていますので安心です。デメリットは提携型の老人ホームの数が少ない事です。エリアによっては存在しない場合もあるので、遠方に入居する事になる可能性があります。また、入居者が必要とする診療科目がない場合もありますので、提携型のホームは探すのに苦労する傾向があります。しかし、介護付きの有料老人ホームは必ず協力医が居なくてはならないので、連携がしっかり取れているのであれば、併設に拘る必要はなさそうです。

文京区で病院提携している有料老人ホームは?

文京区の老人ホームは20軒以上あり、病院と提携しているところも多いようです。文京区は高齢者の数が多く2015年に人口の20%程になり、区は高齢者に向けた福祉サービスに力を入れています。しかし、特養に入居できる順番は要介護度の高い人からなので、すぐ入居する事は難しく予約待ちの状況です。介護が必要な人の場合は、グループホームや介護付き有料老人ホームも検討しておきましょう。これらには協力医がいますので、連携ができていれば安心して利用できます。文京区では要介護認定者数が年々増加していますので、提携型の老人ホームも増えていく予定です。文京区の老人ホーム入居費用の特徴は入居時に0〜数千万円、月額料金は数十万円で、入居時の費用によって月額料金が変わります。入居時の費用は車で言う頭金と考えた方が良いでしょう。

まとめ

病院提携型の有料老人ホームは医療機関と連携する事によって、迅速な対応が可能で、入居者に安心感を与えるというメリットがあります。しかし、施設の数が少ないので探すのが困難です。協力医の居る介護付き老人ホームに妥協せざるを得ない場合もありますが、連携がしっかり取れていればそこまで心配する必要はなさそうです。特に文京区は高齢化が進んでおり施設も多いので、自分に合った介護施設をしっかり選べる知識をつけなければなりません。