文京区にある有料老人ホームを徹底比較!おすすめランキング決定版

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

住宅型有料老人ホームとは?

老後にどのような生活を送るかは、その人の生活環境や家族構成などにより異なります。介護や支援が必要になった場合に、在宅で介護を受けるのか施設に入居するのかは、要介護レベルや予算など様々な要件を考えて決めなければなりません。そのためには施設について最低限の知識を持っておく必要があります。

介護や支援が必要になる前の、自立した生活のできる内に入居できる住宅型有料老人ホームという選択もありますので、家族任せにせずに自分で老後の生活環境を決めましょう。

住宅型有料老人ホームの設備

住宅型有料老人ホームにはいろいろなタイプがありますが、住宅型の作りになっていてそこで身の回りのことを含めた生活をするのが特徴です。介護付きの施設と比べると、比較的軽度の介護度の人が入居できる傾向にあります。部屋は個室や相部屋だけでなく、夫婦で入居できるタイプの居室もあり、自宅として生活を送ることになるため自分の家具や荷物などを運びこんで生活をスタートさせることになります。

室内はリビングと寝室を兼ねた形になっていて、キッチンやお風呂、トイレは居室内にある場合と、共有スペースにある場合とあります。元気な内から入居することができるので、自分の希望や要介護度などに応じて選ぶことが可能です。共有スペースには食事をするダイニングスペースやレクリエーション・クラブ活動などを行う多目的スペース、ラウンジなどその施設の規模やレベルに応じて様々です。

住宅型有料老人ホームのメリットとデメリット

住宅型有料老人ホームのメリットは、食事の用意や部屋の掃除、洗濯など身の回りの家事サービスを受けられるため、家事の負担を軽減できるところが挙げられます。そのため自立した生活のできる状態で元気な内から入居して、生活の支援を受けながら自らのペースで生活をすることができます。自立度の高い利用者も多いためレクリエーションやクラブ活動も多く、充実した生活や介護予防にも役立てられます。

介護が必要になった場合には、通所サービスや訪問介護サービスも利用でき、多くの場合は施設内に事業者が併設されています。また自立度の高い人向けの施設から医療ケアや介護サービスの充実した施設まで、自身にあった施設を選ぶこともできます。

デメリットとして、要介護度が高くなると施設で受けられる介護サポートの範囲を超えたり、介護保険の支給限度額を超えてしまい、自己負担額が高額になったりする場合があります。また公的な施設とは異なり、全体的に費用が高額になりがちで、介護サービスの利用が多いほど費用が高額になる場合もあるので注意が必要です。

住宅型有料老人ホームの費用と入所基準

民間の事業者によって運営される住宅型有料老人ホームは、施設によって費用も設備もまちまちです。費用は入居一時金と月額利用料が必要になり、入居一時金は0円から数千万円とかなりの幅があります。リゾート型や高級マンション型など高級感のある施設や充実度の高い施設などでは高額な一時金が必要になり、多くの高所得者に人気の施設などもあります。

また月額利用料には家賃や水道光熱費、食費やサービス利用料などが含まれ、こちらも月額15万円から40万円程度と幅がありますので、自分の希望や予算にあった施設を探してみましょう。また入居一時金は0円の場合もありますが、初めに支払った金額はプランにより一定期間で償却していき、返還されない場合もあるので入居予定年数などを考慮して決めましょう。

次に入所基準ですが、誰でも入居できるわけではなく施設により入所基準が設けられています。基本的に年齢は60歳から、自立した生活のできる方から要支援、要介護の方まで受け入れる施設など様々ですが、比較的介護レベルの軽度の方を多く受け入れる施設が多いことが特徴です。

まとめ

自立した生活のできる人から介護サポートの必要な人まで、幅広く受け入れが可能な住宅型有料老人ホームですが、選ぶ施設の設備やスタッフの充実度などによって費用や雰囲気にも大きな違いがあります。特に自立した生活や軽度の支援で生活できる元気な人にとっては、その施設でのレクリエーションや活動、同じ施設に入居する人たちとの関係など気になる要件が多くあります。

入居している間に介護レベルが高くなることも考えられますので、少し先のことも考えながらどのような生活を送りたいかしっかり考えてみて下さい。