文京区にある有料老人ホームを徹底比較!おすすめランキング決定版

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

有料老人ホームと特別養護老人ホームの違い

さまざまな介護施設が増え、近頃は、住宅街などの中や近所でも、施設を見かけることが多くなってきましたよね。有料老人ホームという言葉は、比較的よく耳にするかと思います。しかし、実際にそれぞれがどんな施設であるのかを把握している方は、意外と少ないのではないでしょうか。

そして、比較的低料金で利用しやすいとされる特別養護老人ホームについても同様かと思います。2つの施設についてあらためて確認し、くわしく見ていってみましょう。

有料老人ホームとは?

わたしたちが考える介護施設と言えば、この有料老人ホームがそれにあたるのではないかと思います。では、有料老人ホーム、とは、具体的にどのような施設なのでしょうか。実は、ひとくちに有料老人ホームとは言っても、いろいろな種類の施設が存在します。

日常的に介護を必要とする方を対象とした「介護付有料老人ホーム」、衣食住に関わる基本的な生活支援サービスが付随された「住宅型有料老人ホーム」、自立者のより健康的な暮らしの実現を目的とした「健康型有料老人ホーム」や「サービス付き高齢者向け住宅」と大きく分けて、3種類の有料老人ホームが存在します。

それぞれの施設によって、要介護度や年齢を考慮した利入居条件や利用条件もありますし、費用についても異なりますので、注意が必要です。

特別養護老人ホームとは?

では、特別養護老人ホームとはいったいどのような施設なのでしょうか。おそらく、公的な介護施設という認識のある方も多いのではないかと思います。一部では特養や介護老人福祉施設と呼ばれることのある特別養護老人ホームですが、要介護3から5を対象者とした施設で、主に、生活支援や介護サービスを提供しています。

そのほか、看護士が昼間の間、在中していたり、もしもの時の看取りも可能な施設も多いことで、利用者だけではなく、その家族までもが安心して過ごすことができます。

また、民間型の施設と比べると比較的リーズナブルな料金でサービスが受けられるということもあり、地域によっては人気も高く、最近では、その入居待機者数の多さや入居条件のきびしさが問題点ともなっています。

有料老人ホームと特別養護老人ホームの違い

有料老人ホームと特別養護老人ホーム(特養)において、まず大きな違いとなるのは、両者の運営方法です。有料老人ホームは、民間の企業によって運営されている施設ですが、特別養護老人ホームは、自治体などが運営する公的な福祉施設になります。

そして、この違いが、サービスを受ける側にも顕著に感じられることとなり、細かな次のような細かな違いがあげられることとなります。利用者やその家族の満足度を重視した有料老人ホームは、個室をメインとした住居設備、多彩なサービスの提供や要支援度や要介護度の入居条件が比較的柔軟という点が特色としてあげられます。

それに対して、特別養護老人ホームは、満足度というよりも経済的に不安定な方や要介護者の保護と支援など、施設の実用性を重視しているため、要介護度が3以上とより本格的な介護を必要とする方のための施設という特色があります。

まとめ

民間施設のため施設の種類やサービスが多岐に渡る有料老人ホーム、そして公的施設としての特色が強く見られる特別養護老人ホーム(特養)と、それぞれに特徴があることがわかっていただけたかと思います。利用希望者の介護度や地域内の施設の状況などとの兼ね合いもあるかと思いますが、それぞれの性質と利点を踏まえた上で、ご家族みんなのためになるような介護施設の利用ができれば素敵なのではないでしょうか。