文京区にある有料老人ホームを徹底比較!おすすめランキング決定版

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

アリア文京大塚の特徴と評判

アリア文京大塚の特徴と評判

オススメ度

8.7
アリア文京大塚の紹介ページ
アリア文京大塚の特徴と評判 5点満点中 4.35
POINT特徴 アリア文京大塚が立地している文京区大塚は閑静な街でありながら、教育施設が多くファミリー世帯に人気のあるエリアです。治安もよく、且つ公園なども多いので近隣への外出を積極的に行っています。アリア文京大塚では、外出する機会を多く作ろうと考えているので年2度、バスツアーを行っています。六本木ヒルズや羽田空港に出かけ、コミュニケーションを取りながら良い刺激を与えています。

ホームは全室23室ととても大きいとは言えない老人ホームですが、その分アットホームな雰囲気を持っているので入居して間もない時期でも、他の入居者はスタッフとすぐに馴染めるのが特徴です。他にも様々な取り組みをしていて、入居者や家族に優しいホームになっています。
REVIEWレビュー
  • 自営業を営んでいた祖父はお店を閉めてから外出することがあまりなくなっていました。祖母が亡くなってから食事も不安でしたので、こちらに入居させることに決めたのですが、健康面や生活面だけではなく公園などに外出させてくれる機会の多いことに感動しました。今では祖父も外出を楽しみにしており、四季折々の景色を見ることが楽しいようです。
  • 認知症を患っている父が自宅から近い文京区の有料老人ホームであるアリア文京大塚に入居させました。自宅から近いこともあり、頻繁に家族で通っています。父の誕生日や敬老の日などの記念日は事あるごとにこちらで予約して用意してもらったおいしい料理を頂きながら父の話をみんなで笑いながら聞くことが家族全員の楽しみです。

食事が充実

人にとって食事というのは、単に栄養を摂取するだけの作業ではなくおいしいと思えるものを頂いたり、美しいと思える見た目の食事をする事で気持ちが豊かになったりします。アリア文京大塚では、その食事に着目している点が強みと言っても良いでしょう。月2度、イベント食を設けていて、季節に合わせた食材や普段とは全く違う豪華な食事を提供しています。このような食事をする事で気持ちが良くなりますし、他の入居者とのコミュニケーションにもなります。

更に入居者の誕生日や記念日に予約をすると、本格的な懐石料理を提供し家族と楽しい時間を過ごすきっかけ作りをしてくれます。食を通じてコミュニケーションを取る事は、アリア文京大塚の大きな強みになります。

入居までに時間がかかることと入居金が高額

アリア文京大塚を運用しているのは、ベネッセスタイルケアという企業で福祉や介護だけではなく、教育にも力を入れている大きな企業です。この様な企業が展開しているので、多くの人から信頼もあり、そのため空きが出る事が少ないと言われています。前の項目でも説明した様に全室23室、完全個室ですので大きな老人ホームの様に、数百人の入居者を迎え入れる事は出来ません。

その為、入居までに時間がかかってしまうケースもあります。また、入居金がやや高額で、最も安いプラン(A1タイプ(20.1m²)・1名利用)でも2650万円で、最も高いプランですと4930万円(Bタイプ(33m²)・1名利用)となっています。
しかしこの弱みは充実したサポートや、質の良いサービスを提供しているから言えるものですし、大規模ではないからこそスタッフが入居者一人ひとりをしっかりと確認しながらケアが出ますので、一概に弱み・デメリットという事ではありません。

アリア文京大塚の総評

食事にこだわっているアリア文京大塚は、入居者を豊かで充実した生活をサポートしてくれる老人ホームです。有料老人ホームは特養に比べると高価ですがそれ以上に医療関連の治療制限がない、あるいはアリア文京大塚の様に食事や外出を積極的に行って他のホームよりも突出した強みを持つ事が出来ます。ちなみにスタッフは人生に寄り添えるような心遣いが提供出来る様な対応、または入居者の些細な変化に気づき、対応が出来る様に努めています。

スタッフが24時間常勤しているので安心ですし、迅速な対応が期待出来ます。費用に関しては月額28万円ほどで入居可能ですが、状況により費用が変動するので注意が必要です。しかしアリア文京大塚は特養ホームの様な大規模な老人ホームではありません。居室は23室となっているので、予約をしてもいつ空きが出るか分からない状態ですので、今すぐにでも入居したいという場合は注意が必要です。しかし人気が故の事ですし、これらを合わせて考えても安心して入居出来るホームです。