文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

グループホームとは?

高齢化社会が進む中で、介護を必要とする高齢者の方が利用できる施設の種類は様々です。その中でも、小規模でアットホームな雰囲気のあるグループホームは人気がある介護施設の一つです。このサイトでは、グループホームに関する特徴やメリット・デメリット、そして入居するために必要な条件など基本的な知識をまとめました。あなたのご家族など、高齢者の介護施設への入居を検討する際の参考としてお役立てください。

グループホームの特徴

グループホームとは、病気や障害などがあり、かつ認知症をもつ高齢者が、専門スタッフの援助を得ることで生活を行う介護福祉施設のことを指します。介護を専門とする施設には有料の老人ホームや特別養護老人ホームといった、経営する母体やその携帯によって色々なタイプがあります。グループホームの場合は9人程度の少人数が入居し、一般の住宅などで共同生活をするスタイルが基本となります。
入居する高齢者が各々の得意とする能力に応じて、日常での料理や掃除といった行動を役割として担いながら、自立能力を養っていきます。全国にあるグループホームの件数は今や1万件を超えており、件数においては最も多く選択の幅も広いと言えます。
かかる費用の面では、初期費用に加えて介護サービス費・生活費が継続的にかかります。介護サービス費に関しては、入居する方の介護レベルの度合いによって金額が変わること、生活費に関しては施設の広さや立地などの条件で異なります。施設による特徴は様々なので、入居を検討する際には直接確認をとったり、実際に見学に行ってみるのが良いでしょう。

クループホームのメリット・デメリット

グループホームのメリットは、少人数のためアットホームな雰囲気があり、特に認知症を抱えている高齢者にとっては生活環境が変わることによる混乱を防ぐ効果を期待できる場合があります。また地域密着型と言えるため、入居者間やご家族同士のコミュニケーションも取りやすく、情報交換や緊急時の協力体制が強く持てるというメリットも考えられます。
デメリットとしては、認知症のケアに特化しているため、生活の援助は充実しているものの、医療面のケアには限界があり、物足りないと感じる場合もあるかもしれません。メリットの裏返しではありますが、アットホームであることで、万一入居者同士の相性があまり良くない場合にはストレスがかかり、場合によっては別の施設に移る必要が出てくる可能性もあります。人数にも制限があるため空きがない場合も多く、即入居が難しい場合もあります。

グループホームに入居するための条件

グループホームは、誰でも無条件に入居することができる施設ではありません。というのも、地域密着型を特徴とするグループホームは、その地域に居住していることの証明として住民票の提出が義務付けられています。お住いの地域内で希望に叶うグループホームがない場合や、満室で他の施設を探したいという場合に、住民票の問題ですぐに見つけることが困難になる場合もあります。
また、入居には介護保険における要支援2以上の認定が必要となります。重篤な病気を抱えている方や、重度の介護が必要で共同生活が難しい方の場合には、医療的なケアの部分でサポートが難しいため、入居ができない場合もあるためこちらも注意すべきポイントです。

まとめ

グループホームは地域密着型で、比較的高齢者の方にも馴染みやすいと言える介護施設です。少人数での介護を特徴としているだけに空室を見つけるのが難しかったり、施設がある地域に住んでいる必要があったりと、入居までの苦労も多少はありますが、早いうちから将来的な施設への入居も選択肢の一つとして視野に入れておくことで、いざという時にスムーズに動くことができるかもしれません。入居されるご本人の希望や性格、そして体調なども踏まえつつ、納得のいく介護施設選びを行いましょう。