文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

大手はやっぱり安心?老人ホームの正しい選び方

これから本格的に介護サービスを利用しようと考えている方は、どのような基準で介護施設をお選びになっているでしょうか。最近では大手の民間企業も続々と介護業界に新規参入しており、老人ホームやグループホームなどの経営に着手しています。

民間企業がなぜ、老人ホームの経営に積極的に参入しているのでしょうか。民間企業にとっての介護業界参入のメリットを見ていくなかで、利用者側の施設のチェックポイントについても具体的におさえておきましょう。

 

大手企業が老人ホームに参入する理由

.大手企業が老人ホームに参入する理由としてシンプルに考えられるのは、ビジネス上の戦略です。

少子高齢化がますます進むと見られている今後の日本において、介護業界は企業から見れば「確実に採算がとれる部門」であり、参入前から一定の利益が見込める貴重な分野でもあるのです。

現在、介護施設を必要としている高齢者はもはや飽和状態にあると言われており、放っておいても潜在顧客が確保できるわけですから、大手企業が関心を示すのもある意味で必然の流れと言えるのかもしれません。

また、企業のイメージ戦略の観点でも介護業界への参入は非常に安全性が高く、企業のセルフブランディングの面でも有効に機能しています。

もちろん、ほとんどの大手企業では介護事業に真摯に取り組んでおり、老司ホームでも日々質の良いサービスを提供しています。

 

大手だから安心とはかぎらない

テレビCMなどで目にする機会が必然的に多くなるため、無意識のうちに「大手だから安心」というイメージが出来上がっているかもしれません。ただ、もちろん老人ホームの質は企業の規模や知名度によって左右されるものではなく、大手だから安心、とはかぎりません。

むしろ、規模が大きくなるほどひとつひとつの介護事業へのきめ細かいサービスが難しくなる傾向にあり、画一的な介護サービスに終始していることも少なくありません。

特に、全国的に広告を展開している老人ホームは要注意で、潤沢な広告費によって顧客を増やすことばかりを考え、肝心の介護サービスの充実にまで気がまわらない、ということもあるようです。

 

大手にこだわらずサービスの質で選ぼう

.ここまで見てきたように、老人ホームに関しては「大手だから安心」というわけではありません。重要なのはあくまでもサービスの質であり、それは、見た目の高級感や広告からはわからないものです。

老人ホームにおけるサービスの質とは、結局のところスタッフのスキルであり、小規模な施設でも優秀なスタッフの募集に力を入れているところは自然とサービスの質も向上し、利用者ひとりひとりもとても生き生きとしています。

スキルの高さとは決して、効率的な介護ができる、というわけではありません。もちろん、介護において効率性は重要ですが、効率を優先するあまりサービスが画一的になったのでは本末転倒です。

規模にとらわれず、本人の満足度によって老人ホームを選びましょう。

 

まとめ

老人ホームの質をきめるのは、企業の規模や知名度ではありません。あくまでもサービスの質が重要であり、大手だからサービスが充実している、というわけではありません。

介護施設のサービスをチェックするためにも、入所前には必ずショートステイなどを利用し、スタッフひとりひとりのスキルやケアの充実度を慎重にチェックしましょう。

高齢化社会が深刻化する今後の日本ではますます大手企業の新規参入が進むと見られており、利用者側のリテラシーの向上ももとめられています。