文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

自立度をはかるIADLとADLの違い

IADL、ADLといった言葉を耳にしたことはありますか?介護業界で働かれている方など、実際に介護に当たっている方は耳にする機会が多い専門用語の一つです。一字違いですし一見したところ似たような意味のようにも思えますが、介護の必要度合いにおいて使い分けられるこれらの用語、それぞれの違いを知っておくことが重要です。介護に関しての理解を深めるためにも、この2つの用語の意味や活用方法を学びましょう。

ADLとは

ADLとは、Activities of Daily Livingの頭文字を取ったもので、日本語では日常の生活で繰り返される動作と解釈されます。その名の通り、日常で行われている基本的な動作である、起床から着替え、食事やトイレ、入浴などがこれにあたります。
この動作能力が低下することにより活動的な行動を取れなくなってしまい、それに平行して社会的な活動への参加も難しくなります。このような状態になると、自身の生きがいや存在意義などを見失い、心身共に健康を維持することが難しくなってしまうのです。
しかし、周囲の環境によって社会的な関わりや自己の役割などを持つことで、この能力の回復や悪化防止を目指していくことも可能です。だからこそ、生活を共にするご家族や介護施設のスタッフの協力が大切だと言えます。

IADLとは

IADLを日本語に訳すと「手段的日常生活動作」となり、より頭で考え判断することが必要になってくる動作です。電話対応、服薬管理、買い物、移動、財産の管理などがあり、女性の場合は更に食事の準備、掃除や洗濯などの家事も含まれ、全部で8つの評価項目が設定されています。
要介護の度合いを判定する際にはこの評価を参考にする場合もありますが、あくまでも目安として利用されています。この能力の低下は、先にご紹介したADLの前段階いで引き起こされるもので、ちょっとした行動の変化を敏感に感じ取ることで、その能力の低下度合いや介護がどこまで必要かを見極める大きな手がかりとなります。
日頃からこの項目内における動作を日常的に行なっている方は、その後も継続することができたり、衰えるスピードを緩やかにできるとも言われているため、これらを意識した環境づくりも大切です。

IADLとADLの違い

2つの用語の大きな違いは、その行動の複雑性にあります。IADLという用語には「Instrumental」=「手段的」という言葉が付属するため、それだけ高度な動作であり、その幅も広がります。
ADLの能力低下が見られる前には必ずIADLの能力に変化が見られるため、この2つの違いと関連性に注目しておくことが大切です。介護の必要度合いにおいては、要介護1〜5までのレベルに別れており、それぞれに求められる介護の内容は異なります。
適切な介護がなされているかどうかということは、介護される方のその後の容態を大きく変える可能性のあるポイントです。IADLはその行動の複雑性から、変化に気づくには日頃から生活を共にしたり、頻繁なコミュニカーションを行うことが求められるため、同居しているご家族などの役割も重要です。

まとめ

日常生活動作であるADLと手段的日常生活動作であるIADLは、中身は違いますが密接な関係性を持つ用語です。それぞれの意味合いとその結びつきによる影響などを正しく理解しておくことにより、介護に当たる人、介護をされる人両者にとって良い環境を作ることができると言えます。
要介護者に寄り添った介護は、その方の体調や認知症の進行悪化を緩やかにしたり、場合によっては回復に向かわせることができる可能性もあります。日常生活のちょっとした行動やコミュニケーションを大切にすることによって把握することができるので、これから介護に当たる方はぜひ実践してみてください。