文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

老人ホームで医療行為はどこまで受けられる?

現在、持病があり通院されている方は、老人ホームでどのような医療行為をしてもらえるのかが、選ぶ際のポイントになるでしょう。また、健康な方であってもご高齢の方は病気やケガのリスクが高く、万が一の際にどこまで対応してくれるのかが気になるところではないでしょうか。

それに、対処してもらえるとしても、専門の知識のない方に行ってもらうのでは不安です。そこで、実際に老人ホームでは、誰がどのような医療行為を行っているのかをまとめました。

老人ホームで医師・看護師が行える医療行為は?

老人ホームには、医師や看護師が常駐している場合もありますが、施設内では治療を行うのではなく、提携医療機関での対処をしてもらうことになっています。ホームはあくまでの介護施設であり、医療機関ではないのです。したがって、ホーム内で医師や看護師が行える医療行為は限られています。

ホームにおいて医師の指示を受けた看護師が行えるのが、インシュリン注射(糖尿病治療)、床ずれの処理、痰の吸引、中心静脈栄養、経管栄養(胃ろう)、在宅酸素、人工呼吸器の管理となっています。高齢者のケアに必要な処置と考えられるものに限られているということです。しかし、ホームによってはこれら全てに対応できるわけではないので、対応してもらいたいことがある場合には事前に調べておくとよいでしょう。

介護福祉士が行える医療行為は?

看護師がいない場合などは、介護福祉士が対応することもあります。しかし、介護福祉士が行える医療行為はさらに限られています。例えば、体温測定、血圧測定、皮膚疾患への対処(消毒、ばんそうこうの貼り付け)、軟膏の塗布、湿布の貼り付け、点眼薬の点眼、内服薬の内服介助、座薬の挿入、鼻腔粘膜への薬剤噴射の介助です。これらは、専門知識を持ったものによる医療行為というものではなく、普通の成人の方であれば自分自身で行えることでしょう。

それを高齢による理由で、自分自身で手足を自由に動かすことができないため、サポートをするということになります。以前はこのような行為はもちろん、爪切りや耳かきなども介護福祉士が行うことは禁止されていました。しかし、ニーズが高まったため、このような行為を行うことが許されるようになったのです。

介護職員が行える医療行為は?

時代の流れとともに、さまざまなニーズが高まり、介護職員が行える医療行為というものも増えてきました。現在では、看護師が行える医療行為のうちの痰の吸引と経管栄養(胃ろう)についても認められるようになりました。

しかし、介護職員ならだれでもできるというわけではなく、研修を受けることが必須となっています。国家資格の介護福祉士の資格所得のためのカリキュラムの中に、これらの実技も含まれるようになりました。しかし、研修を受け、これらに対応できる介護職員がいる老人ホームはまだ多くはありません。

また、医師や看護師のように、その技術に熟練しているというわけでもありません。どのような介護職員が在籍しているのか、気になる場合は事前に質問しておくといいでしょう。

まとめ

現在では高齢化社会によるニーズの高まりもあって、以前は禁止されていた行為が老人ホーム内でも行ってもらえるようになってきました。しかし、医師、看護師、介護福祉士、介護職員という立場や資格によって、できる行為は制限されています。

また、あくまでも老人ホームは介護施設であり、医療機関ではありません。それを踏まえて、気になる病状や健康状態がある方は、その老人ホームがどのようなケアをしてもらえるのかをしっかり把握しておきましょう。