文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

在宅介護・施設介護のメリットとデメリット

介護について、皆さんはどんなイメージがありますか?良いイメージは少ないかもしれません。「大変だと聞いたことがある」など、重労働という印象もあるのではないでしょうか。介護は皆さんの家でおこなう在宅介護や、老人ホームなどに預ける施設介護という形があります。
しかし、これらにはメリットとデメリットがあります。ここでは、経験者の声をもとに、介護を考えている皆さんへのアドバイスになるようにお話をしていきますね。

在宅介護・施設介護の違い

在宅介護と施設介護の違いとは何でしょうか。もちろん、読んで字のごとく、在宅介護は介護を受ける方のご自宅で介護を行うことです。介護をする側は、その方のお子さんやお孫さんであったり、ホームヘルパーの方を呼んで、介護を依頼するという手法があります。
費用の面では、施設介護よりも安く済ますことができるようです。ただ、世間でも話題になる「老老介護」などもあり、不安な要素もあります。施設介護は、老人ホームなどに介護を依頼することです。介護のプロが手厚く介護をしてくれるので、緊急時でも安心してサービスを受けることができますが、費用は在宅介護よりも負担が大きくなることが多いです。
では、これから在宅介護と施設介護のそれぞれのメリットとデメリットを確認してきますので、ご自分の状況などを想像しながら読み進めていってくださいね。

在宅介護のメリット・デメリット

在宅介護のメリットはなんといっても、介護を受ける側が住み慣れた家で過ごすことができるので、安心して介護を受けることができることでしょう。施設では、知らない人と共同生活をすることになりますし、ヘルパーさんとの関係を築いたりすることが苦手な方では苦痛になってしまいます。また、施設に通ったり入居することになると、費用がかさんでしまいます。
在宅であれば、施設よりも費用が抑えられるのでありがたいですね。しかし、デメリットもあります。それは、介護をする側の精神的負担が大きくなってしまうことです。多くは家族が介護を担当しますので、いつでもどこでも介護を受ける側のことに気を配らなくてはならず、会社を退職しなければならなかったり、介護について知らない人が介護を続けるのには無理があったりもしてしまいます。

施設介護のメリット・デメリット

施設介護のメリットは、プロのヘルパーさんたちによってその人に合わせた介護を受けることができることでしょう。施設に入居すれば、ほとんどが24時間体制ですので、いつでも何かが起きたら対応をしてもらえます。特に、認知症の方や徘徊してしまう方の場合、在宅ではできることも限られてしまいますが、施設内であればしっかり面倒を見てもらえます。
しかし、施設介護は費用がかなりかかります。施設や部屋の大きさなどで変化しますが、月額で15万円から40万円ほどを毎月払うことは難しいですよね。また、介護を受ける側が施設に通ったり入居することに不安や不満を感じている方もおり、他の入居者と合わずに大挙してしまう例もあります。介護を受ける本人との確認がしっかりとれていないと、せっかくの施設を活かすことができなくなってしまいますので、注意してくださいね。

まとめ

在宅と施設で介護にどのような変化、違いがあるのかお分かりいただけたでしょうか。在宅介護は費用も抑えられ、介護を受ける側も安心して過ごすことがメリットでした。しかし、介護をする側に生鮮的・肉体的負担がかかることも多く、バランスが難しいデメリットもあります。
施設介護はプロが担当してくれるので、万が一の場合でもきちんとした対応をしてくれることが魅力的です。その分、施設介護にかかる費用は膨大ですし、介護を受ける本人が納得してくれないこともあります。話し合いを重ね、より良い選択をしてくださいね。