文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

介護不要でも受け入れ可能!?老人ホームより利用しやすいケアハウスって?

身寄りのない、生活に不安のある高齢者を対象としたケアハウスは元々A型、B型、C型の3種類に分かれていましたが、A型とB型の新設は認められていないので、今後はC型に統一されていきます。

果たして3種類はどのような違いがあり、統一されるC型とはどのようなサービスを提供して貰えるのでしょうか。
ケアハウスの特徴や入居費用、一般の老人ホームとの違いについて、ご説明します。

ケアハウスと有料老人ホームは何が違う?

ケアハウスとは、主に身寄りがなく、近親者からの介護や支援を受けられない状況にあり、且つ自立生活に不安を覚えている高齢者を対象とした、食事や介護サービスを受けられる施設です。
種類は一般型と介護型の2種類に分かれており、一般型は自立生活に不安を感じている60歳以上の高齢者を対象とした施設であり、食事や掃除、洗濯などの生活全般の支援サービスが提供されます。
あくまでも生活支援が前提であり、入居者が要介護となれば外部の介護サービスと個人契約を交わす必要がありますが、要介護3以上となれば一般型では対処できないと判断され、退去を求められるケースが殆どです。

一方で介護型は介護保険法で定められている特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設で、一般型のサービスの他に、入浴やトイレの補助やリハビリなどの介護サービスも提供されます。
介護型は要介護3以上でも受け入れが可能である為、たとえ入所当初から要介護レベルが上がっても退去する必要はありません。

経費老人ホームとは?ケアハウスの支援内容別紹介

従来ケアハウスは軽費老人ホームC型と呼ばれていました。
軽費老人ホームとは、先に説明したように、身寄りがなく、自立生活に不安を感じている高齢者を対象とした福祉施設を意味しますが、この軽費老人ホームは食事提供のサービスを受けられるA型と、自炊が出来るB型、そして食事と生活支援のサービスを伴わせたC型が存在します。

しかし2008年以降、A型とB型は新設される見通しがなくなり、今後はケアハウスであるC型1本に絞られていく事が決まりました。
C型は一般型と介護型に分かれていますが、一般型は生活支援サービスが前提で、食事や掃除などのサポートを行ってくれますが、介護サービスは受けられません。
一方介護型は要介護者3人の割合で1人以上の介護、または看護職員が配置する事が義務付けられている為、十分な介護サービスを受けられます。

ケアハウスの費用相場とは?老人ホームよりも安い?

ケアハウスの初期費用は大体数十万円〜数百万円程度です。
少々高く感じるかもしれませんが、一般的な老人ホームと比べるとずっと安い費用と言えます。

また、月額に関しては事務費などのサービス提供料、食費や光熱費などの生活費、賃料として負担される居住費などがかかり、大体5万円〜17万円程度と考えられます。
個人で外部の介護サービスを別途契約する場合は、その費用分も上乗せされますし、介護型ケアハウスの場合は一定の介護保険サービス費用が加算されます。
ただケアハウスは本来身寄りのない高齢者を対象とした施設ですので、費用面に関しても、所得額に応じたサービス提供費用が設定されます。
よって初期費用こそ少し高いかもしれませんが、月額は他の施設以上に安くなるのが特徴と言えるでしょう。

まとめ

ケアハウスは食事提供のA型と自炊型のB型、そして生活支援全般のサービスが付いたC型に分かれていますが、今後はA型とB型の新設は認められず、C型に統一されていく方針です。
C型は一般型と介護型の2種類が存在しますが、一般型は生活支援のみを行い、介護型は機能訓練などの介護サービスが付いています。

介護型は一般の有料老人ホームと殆ど遜色ない手厚いサービスを受けられます。
高齢社会が進む中、近親者などと離れて暮らしている方や、身寄りをなくした高齢者も増えていく事が予想されるため、今後施設の需要は増々高まっていくでしょう。