文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

有料老人ホームで受けられる医療費控除

有料老人ホームに入居している高齢者は条件によって医療費の控除を受けることができますが、実はあまり知られていなかったり、聞いたことはあっても内容が複雑に思えてしまい利用するのをためらっていたりという方も多いようです。このサイトでは、そのような制度と利用方法に関してまとめています。介護に関する知識をつけるため、ぜひ参考にしてみてください。

有料老人ホームでは医療費控除が受けられる

有料老人ホームに入所している本人やご家族の方が一定以上の医療費を払った場合、所得の控除が受けられる制度があります。「色々と条件があって難しいのではないか?」「手続きが大変そう…。」というイメージもあるかもしれませんが、基本的な知識を知った上で手順に沿って手続きを行うことで、少しでも得をすることができるので、利用するにこしたことはない制度です。
会社雇用者や自営業での労働による所得以外にも、公的年金あるいは私的年金による収入を得ている方や、賃貸マンションなどを所有しており、その賃料によって収入を得ている方なども課税される所得となり、制度の対象となります。

医療費控除を受ける3つのパターン

医療位控除を受ける場合は大きく3つのパターンに分けることができます。まずは医療系のサービスと福祉系のサービスを併用しているパターンです。次に、医療系のサービスをしていないパターンです。このパターンでも、喀痰吸引と呼ばれる介護スタッフがたんの吸引を行うサービスが含まれている場合があり、その場合は自己負担額のうち10パーセントが控除の対象となります。
どのようなサービスを行なっているかは入所前に施設に確認しておくことが大切です。最後にその他として、意外なものもが対象となる可能性があるパターンです。例としては、おむつや交通費などが当たります。これらが医療において必要なものであるという証明が必要な場合と、住んでいる自治体のサービスによって異なる場合があるので、該当する窓口に問い合わせをするのが最も確実で手っ取り早い方法と言えます。

療費控除で税金の還付を受け取るには

税金の還付を受け取るためには確定申告を行う必要があります。1年間に得た所得を税務署に申告し、それを確定させることで税金を払う手続きを確定申告と言います。基本的に会社で働いている方はその会社が作業を代行してくれていますが、自営業の方や定年後の方で決められた条件に当てはまる方は、ご自身で行います。
その後還付を受けるための申請を行うことができますが、申請時の提出書類として各種領収書が必要となります。そのため、病院にかかった費用や施設の利用料、交通費などの領収書は発生する度に保管をしておくことが大切です。
申請期間の決まっている確定申告に対して、税金の還付を受けるための申請期間は申告する年の1月から5年間有効です。そのため、すぐに申請ができない状況や、計上し忘れていた場合でも対応できる場合があります。

まとめ

このような制度は、ある程度基本的な知識を持った上で、プラスアルファとしての詳細を入居する施設やお住いの地域の自治体に聞いてみるのがおすすめの方法です。介護の分野でお仕事をされている人でない場合、人生で介護に当たる機会はそこまで多くない方がほとんどだと思います。
有料老人ホームでは様々な介護者を受け入れているためリアルな情報が豊富ですし、自治体の専門スタッフに頼ることで確実な知識を得られるので安心です。これから介護に当たられる可能性がある方だけでなく、介護中の方も今から検討してみる余地があると言えます。