文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

グループホームは老人ホームとどう違う?入居者条件から施設の体制までご紹介

グループホームは認知症の高齢者への介護に特化した施設です。
一般的な老人ホームと比べてアットホームな雰囲気を持ち、費用も安く抑えられるという特徴がある一方で、医療体制や入居条件に若干の難点も存在します。

認知症患者の増加に伴い、注目を集めつつあるグループホーム。
その入居条件や費用、メリットやデメリット点など様々な角度から情報をご紹介します。

グループホームって何?入居条件について

近年需要が高まりつつあるのがグループホームと呼ばれる施設。
一般の有料老人ホームと異なるのは、有料老人ホームがあらゆる疾病者や要介護者に対応しているのに対し、グループホームは認知症高齢者に限定した介護を行っているという点にあります。
グループホームの入所者は1ユニット5人〜9人までと定められており、新たに開設するには2ユニットまでと決められています。

入所条件は要介護2以上の認定を受けている認知症患者で、施設所在地に住民票がある人に限られます。
ホームでは入所者の能力に応じて、介護の専門スタッフと一緒に買い物や料理、洗濯や掃除などの家事を行い、少人数制の共同生活を営むことでリハビリを行い、認知症進行の緩和や精神面の安定を目指します。

医療体制は整っている?個別の対応は可能?

一般の老人ホームでは介護スタッフの他に、看護師の配置が義務付けられており、他にも医師や栄養士などといった医療や介護の有資格者を配置しているケースも少なくありません。
一方グループホームでは介護スタッフが入居者に対して一定の割合で配置されてはいますが、看護師の配置は義務ではなく、また食事面をサポートする栄養士や、リハビリを行う機能訓練士などの専門家を配置しているというわけでもない為、医療やケア体制が十分整っているといはいえません。

これは一般の老人ホームが介護や医療に重点を置いているのに対し、グループホームが認知症患者の心身の安らぎと進行の緩和を目的として成り立っている事に起因しています。
認知症に対する知識や経験を持っている介護職員が常駐しているので問題は少ない筈ですが、しかし重度の要介護者や疾病を患っている方には不向きと言えるでしょう。

グループホームのメリットとデメリットについて

有料老人ホームが要介護者1から入所できるのに対し(施設にもよります)、グループホームは要介護2以上と認知症の認定が無ければ利用出来ないという、限定的な施設です。
またグループホームは介護保険の中でも、住み慣れた地域や生活圏内で穏やかな生活を送る事に着眼をおいた「地域密着型サービス」と呼ばれる分類に属します。
入所者は住み慣れた生活圏内で小規模の施設で暮らす事は可能ではありますが、反対に施設所在地に住民票がある人しか入所が出来ない為、施設近隣にない為に入りたくても入れないという人は少なくありません。

また、医療体制が万全でないというのも、入所者や家族にとっては少し気になる点でしょう。
その一方で、有料老人ホームに比べて比較的費用が安いというメリットも存在します。
老人ホームは初期費用に数百万円から数千万円程度かかる事も決して珍しくはありませんが、グループホームであれば、初期費用は大抵数十万円程度ですみ、月額費用も数万円から30万円以下という所が殆どです。

まとめ

少人数制のグループホームは、一般の老人ホームと比べるとアットホームで温かい印象を受ける施設です。
1ユニットが9人以下と決まっているので、見慣れない大勢の人と生活するのに不向きな認知症患者さんにとっては、非常に親しみやすい人数と言えます。
介護スタッフも常駐しているので、ホームの中は入居者全員が家族のようになり、穏やかな気持ちで共同生活を送れます。

認知症に特化している施設ですので、入居条件が若干厳しい面もありますが、穏やかな日常生活を営みながら認知症の進行を緩和したい、緩やかにリハビリを行っていきたい、と考えている人や家族にとってはお勧めです。