文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

老人ホームと介護老人保健施設の違いとは?利用料金や利用できる施設について

介護老人保健施設は一見すると特別養護老人ホームと同じような印象を受けがちですが、特養とは違い、在宅復帰までのプロセスを医師や看護師、介護職員などの医療の専門家と共に築く為の施設です。

施設で的確な医療やリハビリテーションを行う事で、在宅介護への復帰や在宅介護の改善が図れます。
介護保険施設について、気になる点をまとめてみました。

介護老人保健施設と老人ホームの違いとは?

介護老人保健施設は、特別養護老人ホームとなどと同じく介護保険法に基づいた介護施設です。
入所条件は65歳以上であり、要介護1以上である事、または40歳から64歳までであっても特定疾病で介護認定がおりている場合は入所許可が下りる可能性もあります。
施設の中には医師、看護師、介護職員、介護支援専門員、支援相談員、栄養士などの介護や医療に携わる専門家が入所者の割合に応じて配置されており、充実した介護サービスを受けられます。

一見すると特に特別養護老人ホームと同じような印象を受けますが、特養が長期的な介護支援、または看取りを主として成り立っているのに対し、介護保険施設は自宅復帰までのリハビリを行うという、あくまでも在宅復帰を支援している点が異なります。
そのため、入所期間も3か月〜6か月と限定的であるのも特徴的です。 

介護老人保健施設の費用と利用できる設備について

介護保険施設は厚生労働省が管轄している介護保険施設です。
介護保険が適用出来るので、費用の負担も抑えられるのが特徴的です。
更に有料老人ホームのように初期費用がかかる事もなく、月額費用のみで事足ります。
月額の内訳は食費や介護費、介護サービス加算費などであり、居住タイプや介護内容などでも月額に違いが生じますが、大体数万円から20万円以下と考えていいでしょう。

居住スペースは大体が多床室であり、2人から4人程の共同部屋であるケースが多いですが、ユニット型個室を設けている施設も存在します。
リハビリを前提に存在しているので、食堂やリビングなどの共同スペースの他に診察室や機能訓練室などの設備が充実している事も特徴的でしょう。
また入所者100人当たり1人の医師と入所者3人に対して1人の看護師と介護職員を配置する事が義務付けられている為、十分な医療サービスを受けられる点も注目ポイントです。

短期入所療養介護とは?施設の利用期間について

介護保険施設は、短期的な療養を目的とした施設ですが、このような施設を短期入所療養介護と呼びます。
介護保険施設の他に、介護療養型医療施設や、老人性認知疾病療養病棟を備えている病院、または療養病床を備えている病院などが全てこれに当たります。
特別養護老人ホームなどに代表される老人ホームとの違いは、先にも書いた通りたとえそれが短期間の利用であったとしても、生活面での支援であるのか、医療面を支援するのかといった傾向によります。

介護保険施設では、今まで自宅にて療養生活を送ってきた要介護者が、集中的に医療ケアやリハビリを行う事によって要介護者の心身機能への回復を図る事が可能なのです。
このような短期入所療養介護は1泊2日から利用可能であり、要介護者の家族の都合が合わず、在宅介護が一時的に出来ないケースなどにも利用が可能です。

まとめ

介護老人保健施設は老人ホームとは少し赴きを異にし、在宅回復を目的とした施設を意味します。
その利用期間は大体3か月から6か月程度に設定されており、その間医療ケアやリハビリテーションを専門スタッフの24時間体制の下、集中的に行えます。

介護老人保健施設の利用により、在宅介護への復帰や、または在宅での介護をより改善する事も可能です。
入所期間が定まっている為、自ずと入所待ち期間も短くなり、特養などと比べても入りやすいという点も注目ポイントでしょう。