文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

住宅型有料老人ホームを使う為に事前に知っておくべき事まとめ

自立しているけれど生活に不安を感じる。
軽度の要介護者である。
そんな人にお勧めなのが住宅型老人ホーム。
一体どういった特徴があるの?
介護付き老人ホームとどこに違いがあるの?
など様々な疑問にお答えします。

レクリエーションも豊富な施設ですので、毎日をもっと楽しみたいという高齢者にも打ってつけです。

重度介護者には向いていない?住宅型老人ホームについて

住宅型有料老人ホームは、原則60歳以上の自立した、あるいは軽度の要介護者を対象とした福祉施設です。
主なサービス内容は、スタッフによる食事や洗濯などの生活支援全般や見守り活動、緊急時の対応などであり、介護よりむしろ生活支援に向いた施設と言えます。
自立している高齢者が対象ではありますが、軽度の要介護者であれば外部の介護サービスと別途契約を結べば入所可能です。

施設内は居住スペースや食堂などのリビング、トイレや浴室の他、施設によっては機能訓練室や健康管理室なども設けられていますが、生活支援サービスが前提として成り立っている為に医療体制に関しては万全とは言えません。
医療ケアが必要な入居者は外部の医院に自ら赴き、診断を仰ぐ必要があります。

住宅型老人ホームはレクリエーションが充実している!?

住宅型有料老人ホームが他の有料老人ホームと大きく異なる点は、レクリエーションが充実しているという点にあるでしょう。自立性の高い高齢者が入居している住宅型では、入居者に楽しさや生きがいを見つけて貰うように、あらゆる行事が用意されています。
カラオケや旅行、買い物など、比較的自由に外出できるよう設定されている上に、施設内には理容室や美容室、麻雀卓やプール、図書室やフィットネスクラブといった華やかな設備を設けているところもあります。

定期的に家族でも参加できるような行事も用意されているなど華やかな雰囲気を持っています。
一見重いイメージを持たれがちな福祉施設ですが、住宅型に関しては高齢者が生き生きと過ごす事を前提に作られている点が印象的です。

住宅型老人ホームを選ぶ際の注意点について

初期費用が0円〜数千万円、月額費用10万円〜30万円前後と、施設によって大きな差が存在する住宅型老人ホーム。
介護付き有料老人ホームに比べると、比較的安い費用で入所が可能な住宅型老人ホームですが、介護サービス費用を上乗せすると、反対に高くなってしまうケースも生じてしまいます。
医療体制は元々整っていないので、重度の要介護者の場合ですと継続的に居住出来ない事もあり注意が必要です。

またレクリエーションが豊富である点が特徴的ですが、レクリエーションの設備や内容は施設によってまちまちです。
レクリエーションに重点を置いて入所を考えている方は、入所前に必ず施設に確認を取る事をお勧めします。
施設数は近年増加傾向にあると言われていますが、入所希望者は早い段階で施設側に連絡を取り、空き状況を確かめるようにしましょう。

まとめ

住宅型有料老人ホームは、主に自立をした、あるいは軽度の要介護者を受け入れている福祉施設です。
介護付き有料老人ホームとの違いは、介護付きが要介護者への介護やケアサービスを提供しているのに対し、介護が必要であれば訪問介護などを入所者が別途契約しなければならない、というところにあります。
住宅型はあくまでも生活支援サービスに重きを置いている為、専門的な介護体制を整えてはいません。

またレクリエーションが豊富であるところも特徴的です。
一般的な介護付きホームよりは相場が安いですが、別途介護サービスを付けるかどうかで介護付きホーム以上に高くなる事もあり得ます。