文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

人気のサービス付き高齢者向け住宅って何?老人ホームとの違いについて

有料老人ホームとは少し異なるサービス付き高齢者向け住宅。
その特徴は老人ホーム以上に自由性があり、自立性を重んじている点にあります。
近年では国の後押しもあり、供給量も高くなってきた為に、以前にも増して選択肢が増えてきているサービス付き高齢者住宅。

そこには一体どんな特徴があるのでしょうか。
基礎的な知識や気になる費用、サービス内容などを詳しくご紹介します。

サービス付き高齢者向け住宅についての基礎知識

サービス付き高齢者向け住宅とは、60歳以上の高齢者、または60歳未満であっても要介護認定されている方を対象とした賃貸住宅です。
老人ホームが介護に重点をおいた共同生活をする「施設」としての赴きが強いのに対し、サービス付き住宅はあくまでも高齢者が住みやすい「住宅」である事に重点を置いて作られています。
よって、住宅はバリアフリーが完備され、共同スペースも一定の基準を設けた広さを採用している為使いやすく、生活相談のサービスが提供できるスタッフの常駐が必須である事(日中のみ)が義務付けられています。

しかしあくまでもそれらのサービスが付加されているという事に過ぎず、基本的には自立可能で日常生活が送られる事を前提に作られている共同住宅です。
居住者は一般の老人ホーム以上に外出や外泊が可能ですし、自宅のように自由に生活が出来ます。

サービス付き高齢者向け住宅は種類別に費用差があり

有料老人ホームなどの施設とは違い、サービス付き高齢者向け住宅はあくまでも住宅ですので賃貸契約を交わします。
よって初期費用として敷金礼金を支払うのが一般的であり、それらの初期費用は大体数十万円程度、月額の賃貸費用は5万円〜数十万円程度とされています。
ただし、一般のサービス付き住宅以外に、介護に重点を置いた介護型のサービス付き住宅も存在し、一般型であるか介護型であるかによって、費用にも大きな差が生じます。

一般型とは、まだ介護を受ける必要はないけれど高齢者夫婦の2人での生活に不安を感じている方や、独居生活で不安を感じている方を対象にしています。
一方介護型は住宅内に常駐している介護関係のスタッフから介護を受ける事が可能であり、一般の有料老人ホームと遜色ない介護を受けられるという特徴を持っています。
介護型の場合は初期費用が数百万円〜数千万円近くかかる可能性もありますし、月額の15万円〜数十万円程かかる可能性があります。
ただし事業者によって費用に差は生じますので、月額利用料金のみならず、初期費用についてもしっかり施設側と相談し合っておくべきでしょう。  

サービス付き高齢者向け住宅の設備やサービス

サービス付き高齢者向け住宅は高齢者が住みやすく、自立を支援する事を目的に作られていますので、各居室スペースは25平米である事、共同スペースが18平米である事、水洗トイレや洗面所、キッチンや浴室などが備わっていなければならない事、敷地内が全てバリアフリー構造である事などが基準として設けられています。
また全てのサービス付き高齢者向け住宅で共通しているサービスとして、医療や介護専門スタッフによる安否確認と生活相談が存在します。

これは各居室にスタッフが定期的に訪問し、日常に感じる不安や体調面などのヒアリングを行うサービス。
家族が離れて住んでおり頻繁に様子を伺えないという家庭にとっては、医療有資格者が定期的に訪問してくれるだけでも安心ですよね。
他にも必要に応じて個人的に外部機関から介護サービスを契約する事も容認されていますし、介護型のサービス付き高齢者向け住宅であれば常駐のスタッフから直接介護をしてもらえます。

まとめ

サービス付き高齢者向け住宅は一般の有料老人ホームとは異なり、介護サービスも受けられる、高齢者に優しい住宅をコンセプトに作られています。
よってまだまだ自立的に日常生活は送れるけれど、これから先の生活に不安を感じているという方や、家族と離れている、独居生活をしているという方、または一般的な老人ホームのように自由が効かない事に不安を覚えるという方にお勧めです。

一般型や介護型である違いに加え、事業者ごとに施設の特徴には差があり、費用や受けられるサービスにも大きな違いがあります。
居住を考えている方は、細かな情報を取り寄せるようにしてください。