文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

老人ホームと特養ホームは何を基準に選ぶべき?入居条件などをご紹介

特養ホーム(特別養護老人ホーム)という言葉を聞いた事があるでしょうか。
別名を介護老人福祉施設と言い、これは介護保険施設の一種を指します。

介護や医療の専門スタッフの配置が法律で義務付けられている福祉施設であり、要介護3以上のレベルの高齢者や認知症や精神障害などにかかっている方に対し、24時間体制で介護にあたります。
特養に対する基礎知識、および入所に向いている人や、一風変わった施設をご紹介します。

特養ホームの基本的情報について

特養ホーム(特別養護老人ホーム)は別名を介護老人福祉施設ともいい、通常、要介護3以上の高齢者の入居を認めている介護保険施設です。
介護保険施設とは介護保険が適用される公的施設を指し、特養の他には介護老人保健施設、介護療養型医療施設と呼ばれる3施設が存在し、受けられる介護の内容やサービスにそれぞれ違いがあります。
特養ホームは公的福祉施設ですので比較的費用が低いのが特徴ですが、厚生労働者の指定により、看護職員もしくは介護職員を、3人に対し1人の割合で配置する事が義務付けられています。

民間の有料老人ホームであれば施設によってサービス内容や介護体制にばらつきがありますが、公的施設である特養では一律に義務付けられているので、施設によって生じる不安もありません。
ただし入居希望者数が多く、入居待ちが長いという側面も存在します。

特養ホームの入居に向いている人とは?

2015年に法改正され入居条件が見直された特養。
以前までは要介護レベル1〜5の方が対象とされていましたが、入居待機者の数を考慮し、要介護レベル3〜5の方、もしくは要介護1〜2であったとしてもやむを得ない事情や疾病により特例として認められた方が対象となり、以前よりも審査基準が厳しく設定されました。
これにより、入居待ちの状態はある程度緩和されたと言われていますが、とはいえまだ完全には解消に至っていません。

入所するに向いている人は、上記した入所条件を満たしている、65歳以上の高齢者であり、且つ要介護3以上の方。
または要介護1〜2であってもやむを得ない事情や疾病を抱えた方(日常生活に支障をきたすほどの認知症や知的障害を抱えている方)などがその対象と言えます。
低費用での入所が可能である為、低所得者の方や、年金だけで老人ホームを利用したいという方にも向いています。

ペットと共に入所も可能!?一風変わった特養ホーム

老人ホーム、と聞くとなんとなく固まったイメージを抱きがちですが、最近ではそんなイメージを払拭するような画期的な施設も増えてきています。
中でもペットと共に入所できる特養ホームもあり、ペットを飼っている要介護者から支持を得ており近年注目を集めています。
長年共に暮らしてきたペット。
「最期の瞬間まで一緒にいたい」そう思うのは当然ですよね。

ペット入居可能の特養ホームでは、餌代や医療費は入所者持ちですが、世話や諸々にかかる経費などは全て施設が負担してくれる、ありがたいサービスが揃っています。
飼い主が介護施設に入所する事が決まった後は、ペットは行き場を失い保健所に泣く泣く送られる、そんなケースも少なくなかった以前に比べ、ペットと入所可能な特養ホームはまさにペットを飼っている高齢者にとって救いの施設と言えるでしょう。
飼い主にとってもペットにとっても最高の特養ホームではないでしょうか。

まとめ

特養ホームは老人ホームの中でも比較的要介護レベルの高い高齢者を対象とした介護保険施設です。
公的施設である特養は、申し込みも簡単で、費用も抑えられる事が特徴的。
入所する為の一時金もかからず、年金だけの支払いでも入所を続けられる為、低所得の方や単身の方、家族が離れた場所に住んでいる方などに最適な施設です。

また、要介護レベルに達していなくとも、日常に支障をきたすレベルの認知症や精神疾患、または家庭の事情を考慮し、特例で入所を認めて貰える可能性もあります。
要介護レベルに達していないからといって諦めるのではなく、まずは一度調べてみる事をお勧めします。