文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

介護保険とは何か?

介護保険について、「聞いたことはあるけれど、他の保険との違いが分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。介護保険について、基本的な情報や仕組み、利用の仕方を知っておかなければ、いざ必要になったときに使うことができなくなってしまいます。ここでは、介護保険の知っておきたい情報や、保険適用でできることを分かりやすくご紹介していきますので、皆さんの参考にしてみてくださいね。

介護保険の仕組み

介護保険とは、40歳以上になると加入が義務付けられますが、どのような仕組みで運営されているかご存知でしょうか。皆さんの税金で賄われているシステムですから、しっかり基本を押さえておきましょう。
まず、40歳で加入をすると、64歳まで保険料を支払わなければなりません。サラリーマンであれば、給料から勝手に徴収されているということが多いです。このように集められた保険料は、介護が必要な方に支払われていきます。
この介護が必要だと認定されるには、要介護認定や身体障害などを持っていることを示す必要があります。地域にもよりますが、介護が必要な方も原則1割の負担が必要ですし、年収が規定以上の方は2、3割を負担することが決められています。徴収され、給付される介護保険の利用方法を次で詳しくご説明してきますので、確認してくださいね。

介護保険の利用方法

介護保険を利用できるようになるには、65歳以上であるか、40歳以上で特定の病気にかかっている方であることが条件となっています。申請が必要となりますので、所属している市町区村に足を運びましょう。もしくは、高齢者の方であり、要介護認定を受けている方でも受け取ることができます。
そして、ここからは必ず知っておいてほしい情報です。市町区村で認定をもらったら終了ではないのです。
介護サービスを利用するには、介護サービス計画書の作成が義務付けられています。こちらは地域包括支援センターというところに相談をし、どのようにサービスを利用していくのかを希望を聞きながら作成してくれますので、忘れずにご相談してくださいね。要介護と要支援によって相談するところが異なりますので、ご自身やご家族がどちらの認定なのかをしっかりチェックしておいてください。

介護保険で利用できるもの

介護保険で利用できるものとはどんなものがあるでしょうか。まず、介護保険で認定される方には要支援の方と要介護の方がいますので、それぞれで確認してきましょう。
要支援の方も要介護の方も、先ほどご紹介したサービスの計画を練ってくれるところを利用できます。また、両者とも訪問介護や訪問での入浴支援、リハビリや医師による診断を受けることができるようになります。また、店頭でよく見かける杖やシルバーカーなどの福祉器具を借りることもできるようになります。
要支援や要介護の段階によって差はありますが、多くの物をレンタルできるので介護にかかる費用をおさえることができます。要介護の方は、地域のサービスで定期的に体調などを見回りに来てくれるサービスもありますので、離れて過ごしている家族でも安心できますよ。それぞれ利用できるものがありますので、ご家族などの認定度合いを確認し、利用してみてくださいね。

まとめ

介護保険の基本のいろはについてご理解頂けたでしょうか。介護保険は、40歳になれば必ず加入しなければなりませんが、介護が必要になった際に支払われるので、私費での負担が厳しい介護もずっと楽になります。利用するためには、65歳以上になっているか、40歳以上で介護が必要だと認定されている必要があります。利用できるようになると、様々な支援やサービスを受けられるようになり、福祉物品の貸与なども認められていますので、状況に合わせて活用できます。介護保険とは、について知っておけばいざという時に役立ちますから、チェックしておきましょう。