文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

老人ホームにも種類がある?老人ホームの種類と特徴をご紹介

老人ホーム、と一言で言っても、実はその種類は多種多様。
要介護者を受け入れている施設もあれば、主に自立者のみを受け入れている施設、または自宅に赴いてケアしてくれるサービスなど種類は様々です。
そんな中で私たちが介護施設を選ぶ際には、一体何を重視し、どういった点に着眼して選ぶべきでしょうか。

老人ホームの種類は民間と公的施設に分かれますが、それぞれに特徴があり、受けられるサービスにも違いが存在します。
まずはこの両者の違いを把握しておきましょう。

民間施設と公的施設に分かれる老人ホーム

高齢化が進む中で、老人ホームの存在がより一層重要なものになってきています。
大切な家族や、自分自身の老後を穏やかに安心して暮らしたいと思う人が大半ですが、施設に対する知識を把握しておかなければ、後悔する危険性もあります。
まず、老人ホームと一言で言っても、ホームには多くの種類が存在し、それぞれに入居条件や特徴、費用面に大きな差がある事をご存知でしょうか。

老人ホームは大きく2つに分けられます。それは民間施設であるか公的施設であるかの違い。
その違いによって、またそれぞれの中でも要介護であるのか自立可能であるのかによって、料金や介護体制、入居者数などに大きな差が存在するのです。
以下に民間と公的施設のメリットとデメリットをご説明します。

民間施設のメリットとデメリットとは?

民間で要介護を受け入れている施設は、介護付き老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、グループホームなどの種類があります。
民間施設は公的施設と比べると入居料金が若干高めに設定されていますが、その分多種多様な施設が揃っているのが特徴的です。
魅力的なレクリエーションや設備を完備しており、受け入れ可能とされている入居者数や費用にも、同じ民間施設の中で違いが存在します。
一方、公的施設は入居待ちが長く、思うように施設に入れない人が少なくありません。

また、軽度の介護状況であれば受け入れられないというケースも生じがちです。
そんな場合も、種類が豊富な民間施設を探せば入居を受け入れてくれる施設が見つかる事もしばしば。
ただし、介護体制や状況は施設によってまちまちですので、その施設がどういった状況に対応してくれるのかを事前にしっかり調べておく必要があります。

公共施設のメリットとデメリットとは?

要介護に対応している公的施設は、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設などがあり、一方自立状態の方に対応している施設としては軽費老人ホームやケアハウスなどが挙げられます。
公的施設のメリットはやはり料金です。
費用が民間施設よりも安く抑えられる為、お金に余裕がないという家庭でも入居しやすいのが特徴的です。

また公的施設は民間に比べ、重度の要介護者や認知症患者でも受け入れられやすいという傾向にあります。
よって低所得の方や介護レベルに不安を抱えているという人にはお勧めです。
料金が安く重度の要介護者も受け入れ可能であるという特徴がある一方で、公的施設は入居希望者が多く、入居待ちが長くて入りづらいというケースも存在します。
現在は比較的費用の安い民間施設も数多く存在しておりますので、公的施設で入居出来なかった場合は民間施設での入居も検討してみてください。

まとめ

老人ホームは民間と公的施設によって介護体制や受け入れ状況が大きく異なります。
比較的料金が安く、重度の要介護者でも受け入れ可能である公的施設ですが、一方で入居待ちが長いというデメリットが存在します。
民間施設は公的施設と比べると料金は高いですが、近年認知症の専門ホームとして注目を集めているグループホームなどもあり、多種多様なサービスを受けられるのが魅力的です。

施設を選ぶ時は、まず自分たちが何を重視したいのか、どういったケアを受けたいのか優先順位を決めた上で施設を選びましょう。
設備が整っている、料金が安いという情報だけに頼って選ぶと、入居後に後悔してしまう恐れがあります。