文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

要介護3以上を対応できる老人ホーム介護老人福祉施設とは?

介護老人福祉施設は特別養護老人ホームとも称される、要介護レベル3以上の高齢者を対象とした老人ホームです。
介護保険法に基づいたサービスを受けられる施設ですが、一般的な老人ホームとは一体どういった点で異なるのでしょうか。

介護老人福祉施設について特徴や費用、メリットやデメリットを詳しくご紹介します。
重度の要介護者や、寝たきりの高齢者にとっても安心できる条件が揃っています。

介護老人福祉施設とは?その特徴について

介護老人福祉施設とは特別養護老人ホームともいわれる介護保険法に基づいた介護サービスを受けられる施設を指します。
入居条件は65歳以上で要介護3以上の方、40〜64歳で特定疾病が認められている要介護3以上の方、特例により介護が認められた要介護1〜2の方とされており、比較的重度の要介護者にも対応可能な公的の老人ホームです。
要介護レベルは高いですが公的な施設ですので比較的費用を抑える事も可能。

その為、従来は入居希望者が多く、入居待ちが長いという特徴もありましたが、2015年に入居条件を厳しくした事で幾分入居待ち人数が減りました。
介護スタッフが24時間体制で在中している為、適切で早急なケアを施せる上、長期入居が可能。
家族にとっては負担がかからないというメリットがある一方で、地域によっては空きが少なく、入居待ち者が多いという点と、24時間の看護師配置は義務付けられていない為、施設や時間帯によっては受けられるケアにも差が生じるというデメリットが存在します。

介護老人福祉施設のサービス内容や設備について

介護老人福祉施設では要介護者の食事や排せつなどを始め、日常の健康管理や療養上の世話などを引き受けてくれます。
寝たきりの高齢者でも入居は可能であり、その為の専門的な知識を有したスタッフや医療関係者が揃っており、24時間体制で介護可能な状態を整えています。
従来は4人ほどの多床室タイプが多かったのですが、的確なケアを目的として全個室の新型療養施設の整備が進められてきました。

また、2006年には介護保険制度が見直され、地域密着型のサービスを目的とした入居人数が29人以下と定められた地域密着型介護老人福祉施設も導入されました。
施設には医師や看護師を始め、生活相談員や機能訓練指導員や介護職員、介護支援専門員などといった専門的なスタッフが法令の下で配置されており、的確なケアができます。
居室のタイプは完全な個室タイプやパーテンションで区切られたユニット型準個室タイプ、多床室など違いがありますが部屋は4人以下である事や入居者の身の回りを保管できる設備を整える事が定められています。

介護老人福祉施設の入居費用や注意点について

介護老人福祉施設、または特別養護老人ホームは公的施設ですので、民間の老人ホームと比べると比較的費用を抑えて入居する事が可能です。
費用は入居一時金などの初期費用は掛からず、月額料金のみ加算されます。
月額料金の相場は大体6万円〜15万円程度。
料金に大幅な差があるのは、部屋のタイプや受けるサービス、介護体制に差があるからです。

当然ですが、要介護レベルによってケアの方法や必要なスタッフ、入居する部屋のタイプは異なってきます。
これらの介護を受ける費用を要介護サービス費と言い、この介護サービス費は介護レベルが高くなればなるほど高額に設定されています。
また介護サービスに伴う特別な介護サービスの加算や、食費、日常生活費などを合算したものが上記した費用となります。
介護老人福祉施設は介護可能な体制が整っており、また法改正により入居条件が厳しくなりましたが、しかしまだまだ希望入居者数は多く、入居待ちの期間が長い事でも知られています。介護老人福祉施設は、従来は全要介護度の方を入所対象にしていましたが、より的確で細やかなケアを目的に、また、入居待ちが膠着している状況を鑑みて要介護3以上の方のみが入所対象と定められました。

ただし特例で許可された要介護2以下の方も入居は可能であり、法改正以前からの入居者も引き続きサービスを受けられます。
専門的知識を有したスタッフを配置しており、栄養士が献立を立てている食事やリハビリなどのサービスも受けられます。
レクリエーションやイベントも、多彩なプログラムを設けている施設が多く、ただ介護を受けるだけでなく快適な日常生活を促します。
ただし施設によっては介護や医療体制に差がある為、入所前にはどのようなサービスを受けられるのかを直接確認し、スタッフと相談しながら決める事をお勧めします。