文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

有料老人ホーム設立の補助金や助成金

今後一層の高齢化社会が進むと言われる日本では、国や自治体もその対応策に力を入れています。その一つとして、有料老人ホームを設立する際に受けることができる補助金や助成金の制度があります。
一般的なマンションなどとは異なり、特別な施設となるためその建設費用は高額になりがちですが、このような制度を利用することで負担を軽減し、その後の運用もしやすくなります。このサイトでは設立する際にかかる費用相場から、国から受け取ることができるお金の制度に関してまとめました。設立をお考えの方だけでなく、介護に関する基礎知識を深めるためのツールとしてもご活用ください。

有料老人ホームの建設費用相場

有料老人ホームを設立する場合は、その規模や立地など様々な要因によって異なりますが、およそ3〜4億もの費用がかかると言われています。純粋な建設費に絞って考えても、仮に入居者20名程度の施設で土地が250坪ほどの建物を作る場合は約2億円が相場で、一坪あたり70万円の計算となります。
一般的なマンションの建設費を考えてみると、これも条件によって開きはありますが、坪単価で30〜100万円が相場と言われているため、割高であることがわかります。その大きな理由としては、サービス付き、高齢者向けという用途が加わった住宅建設となるため、通常の環境に加えて防火対策を行うことや、あらゆる介護サービスに対応できる設備が求められるからです。
更に、建設をするだけではその後の運営はできないため、営業・販促費や求人広告費、またある程度経営が軌道に乗るまでの人件費や管理費をまかなえるだけの費用も念頭に入れておくべきです。

有料老人ホームの設立で受けられる補助金・助成金

これらの制度の違いについて改めて説明をすると、補助金は申請しても審査に通す必要があるもので、助成金は、条件を満たしている限り原則どんな方でも受け取ることができる、返済不要の国から出るお金です。この制度を利用する場合の条件として、「住宅」の扱いとなるサービス付き高齢者向け住宅であること、そして運用や契約面での基準を満たした上で登録されていることが前提となります。
この基準というのは4つあり、10年以上続く事業登録であること・近隣にある同様の住宅の家賃と相場に大きな開きがないこと・家賃は前払いのみであること・設立のための資金調達が確実であることです。これらを満たすことにより、新築の場合は工事にかかる費用のうち10分の1以内の額を受け取ることができます。ちなみに一戸あたりの上限は135万という決まりもあるため、こちらも計画の際の参考にしてください。

融資制度も利用

補助金や助成金は返済不要の助かる制度ではありますが、融資制度も利用する価値があります。新築で施設を建設する場合には、最大全額の融資を受けることができます。また35年、もしくは15年の間は年利が固定の金額となる、長期固定金利返済という制度も利用することができるため、将来的に金利が上がってしまうという心配もありません。
初期費用からその後の運営と、始めのうちは多額のお金が必要になりますが、このような制度を利用することで安定的な運営の手助けとなります。また、施設を新築ではなくリフォームという形で設立する場合にも融資が受けられます。この場合は最長で20年の固定金利となっていますが、返済期間が10年以下かそれ以上かによって、金利が変わるため計画をする際には視野に入れておくと良いです。
また、更に負担を軽くすることができる制度として、融資を受けてから1年間は元本の返済が据え置きになり、利息の支払い義務だけが生じるというものがあります。こちらも設立後の運営安定化に繋がる便利な制度です。

まとめ

有料老人ホーム設立の際に受けることができる補助金、助成金、そして融資制度は、国や自治体の取り組みによって手厚い協力体制が整っています。決して簡単にできるものとは言えませんが、今後ますます必要とされるであろうこのような施設の設立は、事業としても社会貢献としても注目すべき分野ではないでしょうか。援助を受けるためにはそれぞれの制度や自治体によって条件などが異なるため、まずは該当窓口に相談することから始めていきましょう。