文京区にあるおすすめの有料老人ホームを徹底比較!

文京区でおすすめの有料老人ホームと老人ホームや介護に関するコラムを配信!

ターミナルケアとは?

家族に、自分自身に、人生の終わりが近づいているということを知ったら、どうしますか。どのような処置を行い、どんな生活を送ることを望みますか。ターミナルケアとは、そのような場合に、治療を目的とはせず、生活の質の向上を目指すためのケアを行うことです。しかし、どうやって、どのようなことを行うのかはあまり知られていないでしょう。その内容について詳しく見ていきましょう。

ターミナルケアと緩和ケアの違い

ターミナルケアとは、人生の終わりが近づいている場合のケアの方法の一つです。ターミナルは、「終末期」を意味し、人生や病気の終わりの時期を言います。そのとき、延命の処置を行うのか、残された時間を大切に使うのか、難しい決断でしょう。ターミナルケアは、病気で残された時間が少ない方、老衰や認知症の方などが自分らしく過ごし、満足して最期を迎えるために行います。

治療をして、余命を伸ばす治療を重視するのではなく、病気の症状や治療により苦痛や不快感を減らし、精神的に落ち着いた状態で生活が送れるようにします。ターミナルケアは緩和ケアの一部です。緩和ケアというのは、がん患者たちの生活の質の向上を目指します。しかし、緩和ケアの場合には、治療も並行して行うというところに違いがあります。

ターミナルケアの内容

ターミナルケアの内容は大きく分けて3つのケアに分けられます。1つ目は、身体的ケアで、薬などで身体的苦痛を取り除くものです。日常生活においては、着替えや排せつ、移動などにおいて、苦痛や不快を感じないようにします。介護サービスを利用することもできます。また、髪を整えたり、化粧をしたりといった身だしなみを整えることも、清潔で心地よく、明るい気分になることにつながります。

2つ目は、精神的ケアで、普段と変わらない環境を作り、リラックスさせてあげることです。例えば、ベッドの周りに好きな物や大切にしている物などを置いたり、好きな音楽を流したり、心地よい空間を作ることが大切です。ここでは、家族や友人の存在も大切になってきます。一緒に過ごす時間が作れるようにしましょう。

3つ目が、社会的ケアです。入院や介護による金銭的負担がプレッシャーにならないように、ソーシャルワーカーなどに相談にのってもらうことが必要になるかもしれません。

老人ホームでターミナルケアは受けられる?

老人ホームといった介護施設でもターミナルケアを行うことができます。老人ホームにおいては、ターミナルケアのことを「看取り介護」と言い、それを前提として受け入れているのです。老人ホームに入居している際に、身体的ケアは職員に行ってもらえるため、家族や友人は精神的ケアに専念することができるというメリットがあります。

ターミナルケアを行うとなると、ご本人だけでなく、家族にも身体的、精神的負担や不安というものがかかってしまいます。そんな中で、患者さんと寄り添い、精神的ケアに集中することができるというのはよいです。施設では、介護士の方や他の入居者の方などともコミュニケーションをとる機会があり、孤独を感じにくいということもあります。

まとめ

家族が死を目前にすると、どのような治療やケアをすべきなのか、決定を下すのは非常に難しいことです。様々な選択肢の中で、どうすべきか迷うかもしれませんが、ターミナルケアという、残りの時間を大切に、充実したものにするという考え方もあります。どんな選択をしたとしても、一番大切なのは患者さん本人、家族の方が納得して、ストレスなく過ごせるということが大切なのではないでしょうか。老人ホームでもターミナルケアが行えるということも知っておくとよいでしょう。